今月の旬の味 極上の素材とたくみが織りなす芸術品を味わう、ホテルでのもう一つの楽しみ、レストラン。 ゆったりとしたくつろぎの空間で、至高のひとときをお過ごしください。

店内写真

リーガロイヤルホテル(大阪)

「オールデイダイニング リモネ」

店名
オールデイダイニング リモネ
営業時間
6:30〜22:00
営業時間
ブレックファスト6:30〜10:00
営業時間
ランチ11:00〜15:00(ラストオーダー14:30)
営業時間
ディナー17:00〜22:00(ラストオーダー21:30)
営業時間
アラカルト、カフェメニュー11:00〜22:00(ラストオーダー21:30)
座席
315席 / 個室 5室(6〜80名様)※別途個室料を頂戴します。
 全席禁煙
カード
AX / VS / MS / UC / DC / DN / JCB / SA / UF / NS / 高島屋 等
予約
TEL.(06)6441-1056

 大阪を代表するビジネス街、中之島。堂島川と土佐堀川に囲まれ、水の都の魅力をたたえたこの地は近年、いっそう美しく整備され、美術館も立ち並ぶ文化芸術の中心となった。美食で名高いグランドホテルでは、変わらぬ味と時代にふさわしい美味を多彩にそろえ、大阪ならではの旅の醍醐味を堪能させてくれる。

 日本の伝統美に満ちた優美なラウンジをはじめ、英国や日本の最高峰の民藝作品に囲まれた重厚なバーまで、至宝の空間や店が多いリーガロイヤルホテル(大阪)。

 1階にあるオールデイダイニング リモネは、広く奥行のあるモダンな空間で、庭園の水と緑に囲まれている。中央には活気あふれるオープンキッチンがあり、一日を通して多彩な表情でゲストを迎えている。朝・昼・夜のブッフェも盛況で、カウンターにはシェフがその場で調理する出来たての料理から美しいデザートまで、ずらりと並ぶ。

 リモネはグランドメニューも豊富で基本は西洋料理だ。本格的なスープ、サラダ、前菜、肉と魚料理に加え、気軽に楽しめるカレー、ピラフ、サンドイッチやバーガー、ピザも多彩に用意されている。

 おすすめのビーフシチューオムライスは、この店でぜひ味わいたい一品。バターライスをドーナツ状にし、中心にビーフシチューを流し込み、半熟オムレツをふわりとのせ、デミグラスソースをかけて供される。見た目はシンプルだがスプーンを入れると肉がたっぷりのビーフシチューが現れ、すべてが一体になって調和した香り高くまろやかな味わいに驚かされる。ビーフシチューはタマネギをじっくり炒めたコクのある味わいで、牛肉は柔らかく煮込まれジューシーに仕上がっている。

 この料理は平通利彦シェフがリモネに就任した時、多くの人に喜ばれる料理をと考案して登場したものだ。

 「隠れていたシチューが卵の下から現れる、その驚きや楽しさも味わっていただければ嬉しいです。リモネのコンセプトは、賑わいダイニング。ご家族、カップル、友人で、気軽に来て楽しんでください」と語る。平通シェフ自身、食べることを愛し、和洋中、エスニックをこだわりなく食べ歩き、その成果が料理に柔軟に対応する腕と感性に反映される。基軸はぶれずにフレンチで、海外の名店での豊富な経験と日々の探求を背景にさまざまな美味を生み出している。

 リモネは季節ごとのフェアや日本各地の味の紹介など、いつ訪れても魅力的なイベントを開催。11月初旬までは店内がハロウィン色に染まって、リモネならではの秋の美食が展開されている。


ご予約・お問い合わせは
TEL.06-6441-1056

(2019年9月現在)

 

料理写真

シェフ写真

シェフ
平通 利彦さん

 1968年和歌山県出身。88年ロイヤルホテル(現リーガロイヤルホテル)入社。仏料理のグランメゾン「レストラン シャンボール」でのスーシェフなどを経て2016年より現職。在ニューヨーク総領事公邸、フランス・シャンパーニュ地方の星付きレストランでの研修を積むなど豊富な海外経験を持つ。


シェフの味にトライのレシピもチェック



Copyrightc2019 企画・制作=日本経済新聞社 All Rights Reserved.