今月の旬の味 極上の素材とたくみが織りなす芸術品を味わう、ホテルでのもう一つの楽しみ、レストラン。 ゆったりとしたくつろぎの空間で、至高のひとときをお過ごしください。

店内写真

ロイヤルパークホテル

シェフズダイニング「シンフォニー」

店名
シンフォニー
営業時間
平日6:30〜22:30
営業時間
土・日・祝日7:00〜22:30
座席
全席禁煙となります。
カード
AX / VS / MS / UC / DC / DN / JCB / SA / UF / NS / 高島屋 等
予約
TEL.03-5641-3600(レストラン予約/9:00〜20:00)

 2020年代に向かって大規模な再開発も進み、ますます魅力を増し注目される日本橋エリア。江戸の粋と伝統に、斬新さが融合する生粋の東京の町に、四季折々、食で喜ばせるホテルがある。シェフの多彩な味と技をまずは気軽に、美しい空間で楽しみたい。

ロイヤルパークホテルの粋でゴージャスなおもてなしを象徴するのが、吹き抜けのロビー空間に輝くシャンデリアだ。天の川をモチーフに大小の星々が光となり、その流麗なきらめきに誘われ、豊かな時間が始まり、胸が高まる。

 食で名高いホテルとして、日本庭園と由緒ある茶室も備えた日本料理、鉄板焼、中国料理の店が連なる中、一日にわたって気軽に美食を味わえるのがシェフズダイニング「シンフォニー」だ。開放的で明るく、窓には滝の流れる端正な中庭が広がる。豪壮なワインセラーがそびえ、中央にはビュッフェカウンターがあり、朝食からディナーまでビュッフェも軽食もスイーツも豊富にそろう。

 おすすめのブイヤベースは、秋風を感じる今からの季節にふさわしい、身体も心も喜ばせる料理。魚介のうまみが凝縮されたスープにたっぷりと海鮮類が入ったぜいたくな一品だ。スープにはサフランが香り、ドライとフレッシュの2種のトマトでうまみを重ねている。具はムール貝、イカ、オマール海老、ホタテ貝柱、タイやタラなどの白身魚。香ばしくオリーブ油で焼いてからさっと煮込みアイオリソースで楽しむ。しゃれた鋳物ホーロー鍋で供され、冷めたら温め直し、スープが残ればリゾットに仕立ててくれ、最後まで味わい尽くせる料理だ。

 このブイヤベースもおすすめレシピもていねいに解説し指導してくれたのは、ホテルの総料理長、松山昌樹氏。若い時からホテルの料理人を目指し、ホテルに在籍しながら5年間にわたり在米国日本大使公邸の料理長を務め、今年4月に総料理長に就任。6月にはホテル開業30周年と就任を記念し、松山総料理長の感性を味わうディナーイベントも盛大に開催された。館内すべての調理を監修し多忙を極める立場となった今、この特別ディナーは存分に腕を振るう機会になったという。

 これからの抱負は、「ここでは和洋中の料理人に壁がなく、みな親密で深い絆があります。この一枚岩の強みを一層高めていきたい」と語る。気さくで陽気で魅力的、ホテルが掲げる「粋な街の、意気なおもてなし」をまさに体現するシェフだ。楽しんでほしいという心がすべての料理とサービスから明快に伝わる優美な美食の館へ、初秋に出かけたい。


ご予約・お問い合わせは
TEL.03-5641-3600

(2019年8月現在)

 

料理写真

シェフ写真

総料理長
松山 昌樹さん

 1966年東京都出身。88年ロイヤルパークホテル入社。2001年より在米国日本大使公邸、08年より三菱開東閣の料理長も務め、19年4月にロイヤルパークホテル総料理長に就任。優秀な料理人としての表彰も多く、世界的な料理コンクールでの優勝経験も豊富。


シェフの味にトライのレシピもチェック



Copyrightc2019 企画・制作=日本経済新聞社 All Rights Reserved.