今月の旬の味 極上の素材とたくみが織りなす芸術品を味わう、ホテルでのもう一つの楽しみ、レストラン。 ゆったりとしたくつろぎの空間で、至高のひとときをお過ごしください。

店内写真

京王プラザホテル

オールデイダイニング「樹林」

店名
樹林
営業時間
朝食5:00〜11:00
営業時間
ランチ11:00〜14:30
営業時間
スイーツブッフェ15:00〜17:30(L.O. 17:00)
営業時間
スナックタイム15:00〜17:30(L.O. 16:30)
営業時間
ディナー17:00〜24:00(L.O. 23:30)
座席
178席
カード
可 (VISA、MASTER、AMEX、DINERS、DC、JCB、SAISON 他)
予約
TEL.03-3344-0111(代表)〔レストラン予約〕

 今年、創業48周年を迎えた京王プラザホテル。西新宿のランドマークとして、この地の発展とともに時を重ねてきたホテルは、成熟と落ち着きの中、常に時代の先をゆく快適さと楽しみを備え、いつ訪れても刺激的だ。活気あふれるオールデイダイニングは、今日も親しく華やかに扉を開けている。

 早朝5時から深夜まで、各時間帯にふさわしい料理と雰囲気でゲストを迎えている樹林。響きのよい名の通り、窓の外には緑の木々が茂り、昼間は木もれ日と明るさに満たされて心地よい。この庭園は武蔵野の原風景を再現して創業時に造園され、時を経て見事な緑のオアシスとなった。

 樹林は朝食、ランチ、ディナー、午後にはスイーツブッフェも楽しめ、カレー、パスタ、サンドイッチの定番から肉料理、魚料理まで、洋食を中心にメニューは豊富だ。

 おすすめのインドネシア風ピラフ“ナシゴレン”は、定番メニューでは唯一のエスニック料理。日本でも人気のアジアの味だ。大振りのチキンとエビ、ピーマン、玉ネギ、バターライスを深い味わいの独自のペーストで炒め、半熟卵と海老せんべいを添えている。ピリ辛風味を卵がまろやかにまとめる香り高い炒飯だ。

 料理長を務める渋田和実シェフは、「男性にも人気の料理です。海老せんべいにご飯をのせたり割って混ぜたり、自由に召し上がってください」と語る。渋田シェフは26年間、京王プラザホテルで西洋料理を担ってきたベテランだ。

 「樹林には創業時から人気のビーフカレーもあり、グランドメニューは伝統を守って大きく変えていません。幅広い年代の方がいらっしゃる店ですから、高齢者にも食べやすく優しい口当たりの料理もあります。外国の方にはすき煮風の定食や親子丼が人気で、数量限定のラーメンも好評です」。まさにオールデイダイニングの王道をいくメニューが並んでいる。遠い異国から、近隣の職場から、家族と休日に、ひとりで仕事の合間にと、多く人がさまざまな機会に訪れ、ひと時、料理を楽しんでいく。樹林は多様性に富むこのホテルを象徴する店だ。

 「くつろげる魅力的な店です。ぜひ気軽にいらしてください。このホテルには和食、中華、エスニックと多彩な料理が身近にあり、多くを学べます。若い人も積極的に意見やアイディアを出し、よいものは進んで取り込む気風のあるホテルで、日々気持ちよく仕事をしています」、と語る優しい印象の渋田シェフ。

 野菜料理を得意とし、その本領が発揮される季節ごとのランチやディナーコース料理も楽しみたい。


ご予約・お問い合わせは
TEL.03-3344-0111(代表)

(2019年6月現在)

 

料理写真

シェフ写真

シェフ
渋田 和実さん

 1965年生まれ、東京都出身。93年京王プラザに入社。宴会洋食調理、「グラスコート」などを経て2017年より「樹林」の料理長を務める。


シェフの味にトライのレシピもチェック



Copyrightc2019 企画・制作=日本経済新聞社 All Rights Reserved.