今月の旬の味 極上の素材とたくみが織りなす芸術品を味わう、ホテルでのもう一つの楽しみ、レストラン。 ゆったりとしたくつろぎの空間で、至高のひとときをお過ごしください。

店内写真

リーガロイヤルホテル(大阪)

イタリアンレストラン ベラ コスタ

店名
イタリアンレストラン ベラ コスタ
営業時間
ランチ 11:30〜14:30
 ディナー 17:30〜21:30(ラストオーダー 21:00)
 定休日 第4火曜
席数
62席(ダイニングのみ)/ 個室 2室 ※別途、個室料を頂戴いたします。
 全席禁煙
カード
可 (VISA、MASTER、AMEX、DINERS、DC、JCB、SAISON 他)
予約
TEL.06-6441-0954(イタリアンレストラン ベラ コスタ直通)

「大阪の迎賓館」と呼ばれるにふさわしく、館内に一歩入ると品格と芸術の香りが漂うリーガロイヤルホテル。「食のロイヤル」としても知られ、伝統をふまえて進化する美味を上質なサービスと空間で楽しませてくれる。大阪でしか味わえない価値ある一皿を求め、気軽に出かけたい。

 大阪・中之島、堂島川のほとりに建ち、晴れやかな眺めを誇るリーガロイヤルホテル。滝が流れる幽玄な庭園に面したラウンジは平安の雅(みやび)に満ち、グランドホテルの風格が漂う。

 昭和を代表する建築家・吉田五十八が手掛けた端正な本館に付随して曲線を描くアネックス館があり、「イタリアンレストラン ベラ コスタ」はこの最上階にある。邸宅風レストランをうたうとおり、店内への道のりは、ゲートをくぐり、壮麗ならせん階段を降り、期待感が高まる。到着した店内は広く心地よく、大きな窓越しのリバービューもドラマチックだ。

 1998年開業のベラ コスタは、今、世界で注目されるシェフの一人、現在は北イタリアで三つ星レストランを指揮するエンリコ・クリッパ氏を迎えてスタートした。彼のもとで開業時から腕を磨き、この春に新シェフとして戻ったのが阪本伸介氏だ。

 「海の幸のスパゲッティ」はクリッパ氏から受け継いだ、まさに直球のイタリアン。ニンニクと赤唐辛子をきかせたトマトソースに、スカンピ、アサリ、ムール貝、ホタテ、旬の魚を盛り込んだ豪華な一品だ。「永遠に変わらないイタリア料理のおいしさを追求した一皿です」と語る阪本シェフは、フランス料理も得意としながら、ここでは魅力的なイタリア料理を展開して来客を楽しませている。洗練された皿の装い、ソース使いなどフレンチの特性を生かしつつ、確かなイタリア料理に仕立てる手法はあざやかだ。野菜を美しく均一に切る、絶妙なバランスで盛り付けるなど、一見、隠された部分にもとことん心を配る。その料理人としての誇り、高い技術と美意識が、見抜く食べ手には深く訴える料理を作るシェフだ。

 「見て美しく食べておいしい。それは当たり前で、万人に必ずおいしい、と驚いてもらえる料理を常に目指しています。このようなイタリアンもあるのか、とぜひコースで味わってほしい」と語る。休日には走って身体を鍛え、陸上短距離のレースにも挑む若々しいシェフは、日々、気分も新たに厨房に立つ。日常の鍛錬とホテルの流儀でつちかった経験が料理に反映され、忘れがたい食体験を贈ってくれる。シェフの個性と感性が存分に表現された、2カ月ごとの斬新なコース料理もぜひ楽しみたい。


ご予約・お問い合わせは
TEL.06-6441-0954(イタリアンレストラン ベラ コスタ直通)定休日 第4火曜

(2018年9月現在)

 

料理写真

シェフ写真

シェフ
阪本 伸介さん

 1969年愛知県出身、大阪府育ち。料理専門学校卒業後、90年にロイヤルホテル入社。98年「イタリアンレストラン ベラ コスタ」、2011年に仏料理「レストラン シャンボール」スーシェフなどを経て、約半年間フランスの三つ星レストランなどで修業。18年4月より現職。


シェフの味にトライのレシピもチェック



Copyright©2018日本経済新聞社クロスメディア営業局 All Rights Reserved.