今月の旬の味 極上の素材とたくみが織りなす芸術品を味わう、ホテルでのもう一つの楽しみ、レストラン。 ゆったりとしたくつろぎの空間で、至高のひとときをお過ごしください。

店内写真

庭のホテル 東京

日本料理 縁(ゆくり)

店名
縁(ゆくり)
営業時間
朝食 7:00〜10:00(L.O.)
※土日祝日のみ営業
※ご予約は承っておりません。
※ご宿泊のお客様を優先にご案内させていただきます。
 ランチ 11:30〜15:00(14:00 L.O.)
 ディナー 17:30〜22:30(21:00 L.O.)
 年中無休
 ディナータイムのみ日曜日休み(連休の場合は最終日休み)
席数
30席
禁煙・喫煙
全席禁煙
カード
可 (VISA、MASTER、AMEX、DINERS、DC、JCB、SAISON 他)
予約
TEL.03-3293-2181


 大学や出版社も多く、知的な雰囲気と独自の風情が漂う水道橋、神保町かいわい。
この地にある「庭のホテル 東京」は草木の緑にあふれる魅力的な館だ。食空間にも季節ごとの彩りと情緒が流れ、磨かれた味が国内外のゲストを楽しませている。

 「庭のホテル 東京」はその名の通り、四季折々に変化する緑の植栽がエントランス周辺からロビーへと続き訪れる人の目を楽しませる。 

 館内は「美しいモダンな和」をコンセプトに日本の意匠が取り入れられ、江戸情緒に現代の快適性が加味されている。

 1階には、木々が茂るみずみずしい中庭に面して大きな屋根瓦をのせた離れがあるが、ここが本格的懐石料理の店、日本料理「縁」だ。ゆくりとは「人の縁」を意味する古語で、食や人との良き出会いを願い、きずなを大切に思う心が込められている。

 おすすめの花見懐石は、ひとつひとつの膳に桜の季節の華やぎを散りばめた春の宵にふさわしい一式。甘酒には桜の香り、姫サザエは桜のゼリーで満たされ、豆腐には桜のリキュールと桜づくし。

 椀物は桜餅に見立てられ、道明寺に包まれた中身はハマグリで、五色あられを浮かべた吸い物となっている。

 焼物は春大根に桜鯛の白身と白子を合わせ、鯛の中骨でとったダシをはったもの。「縁」の弦巻料理長によれば「鯛を丸ごと一尾食べる感覚」だという。そこにウニと菜の花が春の風味を重ねている。他にもホタルイカ、新海苔、ソラ豆と旬の食材がふんだんだ。

 弦巻料理長はこの道27年を迎えるベテランで、その美しく繊細な料理と温かな人柄にファンも多い。年に3回ほど開催される料理講習「美味講座」も好評だ。

 「江戸は日本各地のものが集まり文化が発展した地。東京の食も、地方の食材が集積して昇華してきたのです」

 縁の懐石も各地の良いものを集め、料理長の流儀で洗練された味と姿に仕立てられる。

 「最近は麹(こうじ)に注目しています。うまみがあって下味もつき、素材を引きたてる麹を自分なりに工夫して使っています。昔からあったものを今、どう生かせるのか。それがテーマですね」

 季節を器に映す技と感性、なにより春を食でも楽しんでほしいという思いが結実した懐石は、一期一会の春を満喫させてくれる。

 ホテル近隣には千鳥ヶ淵や靖国神社など桜の名所も多い。花見の後に、江戸の粋に温かな人情が加わった味わい深い料理を、ほっとくつろげるホテルで味わいたい。


ご予約・お問い合わせは TEL.03-3293-2181
(2017年3月現在)

 

薄切り 特選和牛リブロース 特製タレ焼き(70g)

シェフ 小峰 康司さん

料理長
弦巻 誠さん

 1972年新潟県生まれ。父は和食、兄はフレンチという調理人一家で育ち調理の道へ。赤坂プリンスホテルの調理部で経験を積み、94年に現在の会社に入社。2006年に和食部門の料理長に就任。基本を忠実に押さえた温かみのある料理づくりが信条。


シェフの味にトライのレシピもチェック



Copyright©2017日本経済新聞社クロスメディア営業局 All Rights Reserved.