シェフの味にトライ! 知っておきたいプロのウラ技も満載、シェフオリジナルのごちそうメニューを特別にレシピつきでご紹介。ホテルならではのあの味を、ご家庭で再現してみませんか。

帝国ホテル 東京

オールデイダイニング
「パークサイドダイナー」

鎌田シェフのおすすめレシピ

シーフードピラフ

魚介類のうまみが香り立つ赤いピラフ

シーフードに赤いパプリカパウダーは帝国ホテル伝統の組み合わせ。奥深い味わいに仕上がります。

シェフのアドバイス

魚介類の煮汁を煮詰めてうまみを凝縮させるのがコツです。ホールコーンを入れればお子様も好きなピラフになります。



材料(4人分)

玉ネギ 60g
マッシュルーム 60g
小エビ 120g
カニのほぐし身 60g
帆立貝柱 100g
ご飯 400g
白ワイン 80t
パプリカパウダー 適量
バター 適量
パセリ 適量
塩・こしょう 適量


作り方

(1)
玉ネギはみじん切り、マッシュルームは薄くスライスする。玉ネギはバターで炒め、マッシュルームも加えて炒める。
(2)
塩・コショウをした小エビ、カニのほぐし身、スライスした帆立貝柱をバターを入れたフランパンで炒め、白ワインを注ぐ。火が通ったら具材を取り出し、残った煮汁を煮詰める。とろりとシロップ状になるまで煮詰める。
(3)
煮詰めた煮汁に、玉ネギとマッシュルーム、シーフードをからめ、パプリカパウダーで風味をつける。
(4)
フライパンにバターを溶かし、温めたご飯と3の具材を入れて炒める。
(5)
皿に盛り付け、パセリを振る。

Check Point

チェックポイント

シーフードは冷凍や缶詰でも代用できます。
パプリカパウダーは辛みがなく、きれいな赤い色が付き、ほんのりとした甘味と酸味があり、マイルドに芳ばしく仕上がるスパイスです。
帝国ホテルでは仕上げにコニャックを振りかけます。大人向けに、好みでコニャックやブランデーを加えると風味が増します。

料理長

今回のレシピを紹介していただいた

シェフ鎌田 英基 さん

シェフの料理を味わえるのは

店内写真

帝国ホテル 東京

オールデイダイニング

「パークサイドダイナー」


シェフのお店をチェック



Copyrightc2019 企画・制作=日本経済新聞社 All Rights Reserved.