シェフの味にトライ! 知っておきたいプロのウラ技も満載、シェフオリジナルのごちそうメニューを特別にレシピつきでご紹介。ホテルならではのあの味を、ご家庭で再現してみませんか。

ホテルオークラ東京

鉄板焼
「さざんか」

マネージャー 伊藤 純雄のおすすめレシピ

さざんかステーキどんぶり

ステーキを日本の丼スタイルで豪快に

 ご飯とも相性のいい特製たれで味付けし、アクセントにモヤシを添え、肉好きを満足させる丼です。

シェフのアドバイス

 ステーキ肉を斜めに切り、断面を大きく見せることでおいしく食べやすくなります。焼き加減はお好みでどうぞ。



材料(4人分)

ステーキ用肉 100g
モヤシ 40g
薬味(白髪ネギ・千切りの大葉・アサツキ) 適量
【特製たれ】
日本酒 150cc
しょうゆ 100cc
みりん 70cc
だし汁 160cc
砂糖 40g
水溶きのコーンスターチ 適量


作り方

(1)
最初に特製たれを作る。水溶きコーンスターチ以外の材料を鍋に入れ、火にかける。あくが浮いてきたらレードル等ですくい、最後に水溶きコーンスターチをとろみがつくように少量入れていく。
(2)
モヤシを炒める。塩・こしょうをして最後に1の特製たれを少々かけて味付けする。
(3)
フライパンまたは浅めの鍋で特製たれを適量、温めておく。
(4)
どんぶりにご飯をよそい、3の温めた特製たれをご飯にかけ、味付けをしたモヤシをご飯の上に広げておく。
(5)
ステーキ肉に塩・こしょうをして好みの焼き加減で焼く。
(6)
焼きあがったステーキを一口サイズに斜め切りにし、温めた特製たれにステーキをくぐらせどんぶりに盛り付ける。
(7)
ステーキを全部のせ、上に特製たれを好みの量かける。
(8)
ステーキの上に薬味の白髪ネギ、大葉、アサツキを盛りつける。

Check Point

チェックポイント

ステーキ肉は、サーロインなどお好みの部位を使ってください。写真では希少部位である「かいのみ」を使っています。
白髪ネギは、ネギの白い部分を縦に5cmほどに切って細切りにし、氷水にさらしてシャキッとさせ、よく水を切って使います。単に細切りのネギでもよいでしょう。
たれにとろみをつけるためのコーンスターチは、片栗粉でも代用できます。

料理長

今回のレシピを紹介していただいた

マネージャー伊藤 純雄 さん

店内写真

ホテルオークラ東京

鉄板焼

「さざんか」


シェフのお店をチェック



Copyrightc2019 企画・制作=日本経済新聞社 All Rights Reserved.