シェフの味にトライ! 知っておきたいプロのウラ技も満載、シェフオリジナルのごちそうメニューを特別にレシピつきでご紹介。ホテルならではのあの味を、ご家庭で再現してみませんか。

ホテルオークラ東京

鉄板焼
さざんか

マネージャー 伊藤 純雄さんのおすすめレシピ

きのこのホイル蒸し

 シンプルな調理で、キノコの食感と香りを楽しむ

 土佐酢とバターがキノコに豊かな風味を添える一品です。

シェフのアドバイス

アルミホイルは空気が入らないよう縁をきっちりとたたんでキノコを包みます。お好みでニンニクのみじん切りを加えてもよいでしょう。



材料(4人分)

キノコ
(シイタケ、エリンギ、マッシュルーム
シメジ、エノキなど4〜5種類)
100〜110g

◆調味料
バター 10g
ユズの皮 1かけ
スダチまたはカボス 1/2個
塩・コショウ 適量
土佐酢 出汁6、みりん1、しょうゆ1
砂糖1、酢4の割合で混ぜたもの(なければポン酢)
20cc


作り方

(1)
キノコをスライスし、広げたアルミホイルにのせる
(2)
塩・コショウ、土佐酢(またはポン酢)、バター、ユズの皮をのせ、アルミホイルをしっかり閉じる。
(3)
フライパンにのせ、中火にかけてアルミホイルをふくらませ、7〜8分蒸し焼にする。スダチを添えて提供する。

Check Point

チェックポイント

火加減に細心の注意を払わなくても、ホイルに包まれたキノコは固くなったり柔らかくなりすぎないので、気軽に挑戦してください。
オーブントースターでも同じようにできます。
スダチやカボスの代わりにレモンでもよいでしょう。
アルミホイルの光沢のない方を使うのは、ホテルオークラ東京のスタイルです。

料理長

今回のレシピを紹介していただいた

マネージャー伊藤 純雄さん

シェフの料理を味わえるのは

店内写真

ホテルオークラ東京

鉄板焼

さざんか


シェフのお店をチェック



Copyright©2018日本経済新聞社クロスメディア営業局 All Rights Reserved.