シェフの味にトライ! 知っておきたいプロのウラ技も満載、シェフオリジナルのごちそうメニューを特別にレシピつきでご紹介。ホテルならではのあの味を、ご家庭で再現してみませんか。

庭のホテル 東京

グリル&バー
流(りゅう)

木内 昭博料理長のおすすめレシピ

ホワイトアスパラガスのスープ

 春の訪れを告げる野菜を、シンプルに上品に仕上げて

 簡単な調理法で国産のホワイトアスパラのうまみを存分に引き出す美しいスープが完成します。

シェフのアドバイス

 口当たりを良くするためアスパラの皮はしっかりむいてください。バゲットに白ワイン、コンテやミモレットなどハード系チーズを添えれば軽いランチにもなります。



材料(4人分)

ホワイトアスパラガス(中サイズ) 8本
玉ネギ(中サイズ) 1個
牛乳 200cc
生クリーム 100cc
200cc
サラダ油 適量
2g

(飾り用)
セルフィーユ
1本
ピンクペッパー 12粒
生ハム(薄切り) 4枚


作り方

(1)
玉ネギを縦半分に切り、薄くスライスする。ホワイトアスパラガスは皮をむき、塩茹でする。4本分は1cmにカットする。
(2)
玉ネギをサラダ油でしんなりするまで炒め、ゆでてカットしたホワイトアスパラガスを加え、材料がかぶる少し手前まで水を加えて沸かす。
(3)
(2)をミキサーにかけ裏ごしする。
(4)
牛乳と生クリームを加え、塩で味を調えてスープを完成させる。
(5)
器に生ハムを盛り付け、スープを注ぐ。
(6)
飾り用のホワイトアスパラガス4本分、セルフィーユ、ピンクペッパーを添える。

Check Point

チェックポイント

ホワイトアスパラガスは、春には国産のものが出回るので「流」では国産のものを使っています。安全性が確認された福島県産の良質なものです。
ホワイトスパラガスは皮が残るとスープの口当たりが悪くなるので、ピーラーで二周ぐらいしっかり皮をむきます。
生クリームは、乳脂肪分42%などの高い乳脂肪のものを使うと、リッチでコクのある風味に仕上がります。

吉田 有峰

今回のレシピを紹介していただいた

木内 昭博料理長

料理長の料理を味わえるのは

店内写真

庭のホテル 東京

グリル&バー

流(りゅう)


シェフのお店をチェック



Copyright©2018日本経済新聞社クロスメディア営業局 All Rights Reserved.