シェフの味にトライ! 知っておきたいプロのウラ技も満載、シェフオリジナルのごちそうメニューを特別にレシピつきでご紹介。ホテルならではのあの味を、ご家庭で再現してみませんか。

ホテルグランドパレス

フランス料理
「クラウンレストラン」

小峰シェフのおすすめレシピ

カレー風味の海老マリネ

カレーの香りをまとったさわやかなエビ料理です

マリネしてまろやかな酢の風味をエビにしみ込ませ、付け合わせとともに楽しみます。

シェフのアドバイス

味をしみ込ませるため24時間ほどしっかり漬け込んでマリネします。ホタテ貝柱やイカなどでも応用できます。



材料(4人分)

エビ(ブラックタイガーなど)
付け合わせの材料として、ニンジン、紫キャベツ、
ミックスハーブなどをお好みで。
12尾
【マリネオイル】
エシャロット 30g
ニンニク 2片
タイム(生) 4本
カレー粉(粉末) 2g
サラダ油 200g
白バルサミコ酢 60g


作り方

(1)
エビの殻と背わたを取り除き、塩、こしょうをして電子レンジで加熱する。加熱時間はエビの大きさによって変わるので様子をみて調整する。ゆでても良い。
(2)
深めの容器にエビを並べる。(ガラス製の耐熱容器があればベスト)

【マリネオイルを作る】

(1)
エシャロットはみじん切り、ニンニクは薄くスライスする。
(2)
フライパンに白バルサミコ酢以外の材料(エシャロット、ニンニク、タイム、カレー粉、サラダ油)を入れ、しっかりと香りを出すように弱火で火を入れる。
(3)
ニンニクがきつね色になったら火を止め、余熱をとる。ぬれた布巾の上などにフライパンをのせて冷ましてもよい。 指でふれられる位の温度にする。
(4)
白バルサミコ酢を加え、泡だて器で混ぜながらもう一度火にかける。焦げ付かないように注意する。
(5)
ぐつぐつしてきたら、容器に並べたエビにかけ、一日(24時間近く)マリネする。
(6)
エビとともにマリネしたニンニクやエシャロットをエビの上にのせて飾り、好みでパセリのみじん切りなどを添える。冷蔵庫で一週間ほど保存可能。

【付け合わせのレシピ】

(1)
ニンジンのラペ
千切りにしたニンジンに、白ワインビネガーとオリーブオイルを加えて和え、塩、こしょうで味を調える。オレンジの皮のすりおろしを少量加えると風味が増す。
(2)
紫キャベツのサラダ
紫キャベツを千切りにし、鍋に入れて白ワインビネガーを加え、蒸し煮にし、火を止め、10分ほど余熱で蒸らす。粗熱をとり、オリーブオイルを加え、塩、こしょうで味を調える。


Check Point

チェックポイント

オリーブ油でなくサラダ油を使うことで、冷めても油が固まりません。キャノーラ油でもよいでしょう。
白バルサミコ酢がなければ、多少風味が変わりますが、白ワインビネガーや、米酢など常備している酢でも代用できます。

料理長

今回のレシピを紹介していただいた

シェフ小峰 康司 さん

シェフの料理を味わえるのは

店内写真

ホテルグランドパレス

フランス料理

「クラウンレストラン」


シェフのお店をチェック



Copyrightc2019 企画・制作=日本経済新聞社 All Rights Reserved.