シェフの味にトライ! 知っておきたいプロのウラ技も満載、シェフオリジナルのごちそうメニューを特別にレシピつきでご紹介。ホテルならではのあの味を、ご家庭で再現してみませんか。

庭のホテル 東京

日本料理
縁(ゆくり)

弦巻料理長のおすすめレシピ

白身魚のソテー 〜夏野菜の焼き浸しのせレモン風味〜

良質なタンパク質とタウリン、コラーゲンも含み、お腹に優しい白身魚をたっぷりの夏野菜とともにいただくヘルシーなごちそう。

熱々のソテーに、さっぱりとした焼き浸しを載せて。味や彩りはもちろん、温度のコントラストも楽しい夏らしい一品。料理長お薦めのアレンジメニューでさまざまな味の変化も楽しめます。

料理長のアドバイス

白身魚のソテーは皮目をしっかり焼いてカリッと仕上げます。熱々の焼きあがりに冷たい焼き浸しを添えるタイミングが大切です。



材料(4人分)

白身魚 4切れ(1切れ100g程度)
アスパラ 4本
ズッキーニ 1本
プチトマト(大きめのもの) 4個
オクラ 4本
ナス 2本
ヤングコーン 4本
レモン 1/4個

調味料

だし汁 400cc
しょうゆ 80cc
みりん 80cc
塩、こしょう 各少々
フレッシュハーブ 少々
バター 適量
オリーブオイル 適量

作り方

(1)
焼き浸しを作る。野菜はそれぞれ一口大に切る。
(2)
だし汁にしょうゆ、みりんを合わせ、火にかける。沸いたら火を止めて氷水で冷やしておく。
(3)
フライパンにオリーブオイルを引き、切った野菜を焼く。火が通ったら熱いうちに(2)の浸し汁に入れ、2時間程度漬けておく。
(4)
白身魚の切り身に塩・こしょうをする。
(5)
フライパンを熱し、バターを入れて白身魚をソテーする。
(6)
(3)の野菜をボールに移し、スライスして1/4にカットしたレモンを合わせる。
(7)
焼きあがった白身魚を皿に盛り、焼き浸しを載せてハーブをあしらい、オリーブオイルをかけて出来上がり。


Check Point

チェックポイント

白身魚はお好みで。これからの季節はスズキ、カレイなどがぴったりです。
ご家庭にある旬の野菜をありあわせで加えてもおいしく召し上がれます。
だし汁はかつおとコンブでとったものが一番ですが、時間がなければ市販のだしの素でも大丈夫。また、手軽に作るなら浸し汁をつくる代わりに市販のそばつゆで代用することもできます。
シェフのおすすめアレンジ
白身魚の代わりに鶏むね肉の酒蒸しを使い、仕上げのオリーブオイルをゴマ油に代えれば中華風になります。

Copyright©2015日本経済新聞社クロスメディア営業局 All Rights Reserved.