シェフの味にトライ! 知っておきたいプロのウラ技も満載、シェフオリジナルのごちそうメニューを特別にレシピつきでご紹介。ホテルならではのあの味を、ご家庭で再現してみませんか。

ホテルグランドパレス

日本料理
千代田

安藤シェフのおすすめレシピ

帆立貝の玉子とじ丼

タウリン、グリコーゲン、亜鉛も豊富なホタテを使った、みんなが大好きな卵とじ丼。季節の変わり目の体にうれしいメニュー。

気軽なランチにぴったりの丼ものだけど、豪華な食材で美しく仕上げれば、おもてなしにも大活躍。ふんわり卵にホタテのうまみがしっかりしみ込んで、笑顔も会話も弾むおいしさです。

シェフのアドバイス

ホタテは煮過ぎると硬くなるので、煮過ぎないように注意してください。鶏を使った親子丼よりもさっぱりしているので、ぜひお試しください。



材料(4人分)

むきホタテ貝柱(生食用) 8個
玉ネギ 大1個(320g)
4個
三つ葉 少々
カニ足(カニかまぼこでも可) 8本
のり 1枚
白飯 4人分

調味料

かつお昆布だし(市販のだしの素5g+水400ccでも可) 400cc
醤油 100cc
みりん 100cc

作り方

(1)
玉ネギを縦にスライスし、ホタテは横半分にスライスし、カニ足はホタテに合わせて切っておく。三つ葉は3cmくらいに切っておく。
(2)
かつお昆布だしを一煮立ちさせ、醤油、みりんを加え、合わせだし汁を作っておく。
(3)
18cm程度の小鍋に一人分のだし汁150ccを入れ、タマネギ、カニ足、ホタテをそれぞれ1/4量入れてアルミホイルなどで落とし蓋をして中火にかける。
(4)
玉ネギが煮えたら溶いた卵1個を半量加えて強火にし、卵がふんわりと浮きあがってきたところで残りの半量を入れ、蓋をして火を止める。
(5)
のりは軽くあぶり、手でちぎって小皿に載せておく。
(6)
丼に盛った白飯の上に、玉じゃくしを使ってだし汁とともに具をバランスよく盛りつける。最後に三つ葉を散らして出来上がり。(のりはお召し上がりの直前にお好みで。)


Check Point

チェックポイント

手軽にできる丼ものですが、卵でとじるのは意外と難しいもの。今回ご紹介いただいた2度に分けてとじる方法なら、失敗がありません。ポイントはたっぷりのだし汁ではじめの1/2を浮き上がるまで煮立たせること。これで「ふんわり」を、残りの1/2でトロトロの半熟を実現できます。ぜひ他の丼ものにも応用してみましょう。
おもてなしにはカニ足を使って豪華に。ご家庭で気軽に楽しむならカニかまぼこでも十分おいしく召し上がっていただけます。

Copyright©2015日本経済新聞社クロスメディア営業局 All Rights Reserved.