Tasting Time
 
レストラン 今月の旬の味 レシピ集 シェフの味にTRY レストランガイド ホテル利用ガイド ホテルインフォメーション コラム
 
   
『シェフの味にトライ!』知っておきたいプロのウラ技も満載、シェフオリジナルのごちそうメニューを特別にレシピつきでご紹介。ホテルならではのあの味を、ご家庭で再現してみませんか。
≫ ホテルグランドパレス 『うなぎの柳川丼』
ホテルニューオータニ 『TVふかひれスープ』
  ホテルグランドパレス  
  日本料理
「千代田」
 
 
柳澤料理長のおすすめレシピ
うなぎの柳川丼
 
料理の写真

 (4人分)
うなぎの蒲焼 2串
ごぼう 1/2本
たまねぎ 中1個
糸みつば 1/2束
刻みのり 少々
4個
粉山椒 少々
ご飯 800g

 調味料
500g
かつお削り節 2パック
だし昆布 10〜15cm
濃い口しょうゆ 70cc
みりん 70cc

各種ビタミン、亜鉛のミネラルもたっぷり。DHAやEPAなど注目の成分も補えるうなぎで、夏を生き生きと。
市販の蒲焼が、少しの工夫でさらに美味しく。ほどよいボリューム感と、ひと手間かけた愛情は、夏休みのスタミナランチにぴったり。気がおけない仲間の集まりや、お酒のあとの夜食にも重宝なメニューです。

 作り方
(1) 蒲焼は一口大に切り分けておく。
(2) 糸みつばを2cmの長さに切り、たまねぎは5mm巾にスライスする。ごぼうはささがきにして、水にさらしアクを抜き、ざるにあけて水切りしておく。
(3) 鍋に500ccの水と昆布を入れ、中火にかける。沸騰直前に昆布を取り出し、火を止めたらかつお節を加える。なべ底にかつお節が沈んだら濾しておく。
(4) (3)のかつおだし280ccに濃い口しょうゆ、みりんを加え、なべで一煮たちさせる。
(5) フライパンにたまねぎ、ごぼうを入れ、うなぎの蒲焼をのせる。(4)のあわせ調味料を加えたら火にかけ、煮立ったら溶き卵を流し入れ、みつばを散らしてふたをする。
(6) 蒸らしてほどよく火が通ったらどんぶりに盛ったご飯にのせ、粉山椒と刻み海苔をかけてできあがり。
チェックポイント
 
ごぼうはアクを抜きすぎてしまうと、香味も損なわれます。酢などはつかわず、気になるときには、水を数回取り替えて、アク抜きしましょう。
市販の蒲焼はしっかり味つけしてあるので、合わせ調味料はあっさりと。だしの素で代用するときには、表示されている割合よりも薄めに仕立てます。
卵に火が通り過ぎないよう、中火で半熟に仕上げましょう。
お好みでわかめやホウレン草などの具を加えて、オリジナルの変りうな丼をお楽しみください。
 
 
Copyright©2015日本経済新聞社クロスメディア営業局 All Rights Reserved.