Tasting Time
 
レストラン 今月の旬の味 レシピ集 シェフの味にTRY レストランガイド ホテル利用ガイド ホテルインフォメーション コラム
 
   
『シェフの味にトライ!』知っておきたいプロのウラ技も満載、シェフオリジナルのごちそうメニューを特別にレシピつきでご紹介。ホテルならではのあの味を、ご家庭で再現してみませんか。
≫ 京王プラザホテル『夏野菜冷やし浸し』
パレスホテル『ユールドサーモン キャビアクリーム・トマトクーリ』
  京王プラザホテル  
  日本料理「懐石 蒼樹庵」  
 
福田料理長のおすすめレシピ
夏野菜冷やし浸し
 
料理の写真

材料 (4人分)
ミニトマト 8個
ナス 2本
きゅうり 2本
伏見甘唐辛子
(伏見甘唐辛子が手に入らない場合は、パプリカの赤・黄各1/2個)
2本
大葉 5枚
白ゴマ 少々
サラダ油 100cc

漬け汁
かつお出汁 380cc
しょうゆ 75cc
みりん 75cc
砂糖 小さじ1


栄養たっぷりの夏野菜を
さっぱり和風出汁でいただく

よく冷やした野菜をさっぱりしたお出汁でいただく、食が細くなりがちな暑い夏にぴったりのメニューです。トマトやナス、きゅうりを使えば、見た目にも色鮮やか。おもてなし料理としてもおすすめです。

 作り方
(1) 漬け汁の材料を火にかけ、沸騰させてからボール等に移し、氷水で冷やしておく。
(2) ミニトマトを湯引きにして皮をむいておく。
(3) きゅうりは3等分してから、さらに縦に6等分に切り
種の部分も取り除く。
(4) ナスは乱切りに、伏見甘唐辛子(またはパプリカ)はきゅうりと同じ長さに切る。
(5) 熱したフライパンにサラダ油を入れ、ナスを炒める。
ナスに火が通ったら、ほかの野菜を入れて手早く炒める(茄子以外は半生状態で良い)。
(6) 炒めた野菜をざる等にあげて簡単に油を切り、(1)の漬け汁にすぐ漬ける。具が冷めてきたら、冷蔵庫に2時間ほど置いて味を含ませ、器に色よく盛り付ける。
(7) 大葉を千切りにして一回さっと水にさらし、よく水気を切ってから(6)の上にのせる。最後に白ゴマを散らす。
チェックポイント
 
炒めた野菜は、温かいまますぐに冷やすのがポイント。そうすることで、ナスの色がきれいに出ます。あらかじめ漬け汁を氷水で冷やしておくといいでしょう。また、漬け汁に入れてもしばらくは、野菜が油でコーティングされているため汁の味が染み込みません。冷蔵庫で2時間ほど寝かせるようにしましょう。今回使用した野菜以外でも、にんじんやしいたけなど冷蔵庫の残りものの野菜で代用してもOKです。
 
 
Copyright©2015日本経済新聞社クロスメディア営業局 All Rights Reserved.