Tasting Time
 
レストラン 今月の旬の味 レシピ集 シェフの味にTRY レストランガイド ホテル利用ガイド ホテルインフォメーション コラム
 
   
バックナンバー
ユトリロジー第二章 暮らし歳時記
11月 七五三 七五三の吉数にちなみ、子どもの成長を祝う
 今年は猛暑のせいで、紅葉の見ごろが遅れるかもしれません。例年、色づいた木々の下で華やかな衣装を着た子どもたちを見かけるのが、11月。そう、七五三のお参りです。

 七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に行う、子どもの成長を祝う行事です。宮中などで行われていた、3歳で髪を伸ばし始める髪置き、5歳で男の子が初めて袴(はかま)をつける袴着、7歳で女の子が帯を使い始める帯解きの行事に由来するそうです。どうして3歳、5歳、7歳なのかといえば、中国で吉数とされる奇数(=陽数。一、三、五、七、九)にちなんだのではといわれています。

 七五三は11月15日を中心に氏神さまなどにお参りしますが、これは江戸幕府の5代将軍綱吉が息子の健やかな成長を願って袴着の儀式を行った日だからという説があります。日にちの吉凶を占う中国発祥の「二十八宿」で最良の日とされる“鬼宿日”が11月15日にあたるために、この日を選んだのではないかといわれます。江戸は武士の町ですから、武家で将軍の吉例をまねて行い、続いて庶民にも浸透し、現代までその風習が続いてきたようです。

 ところで、七・五・三ですが、神殿などにかけるしめ縄を「七五三縄」とも書くと知っていますか?出雲大社にある太くて大きなものから、お正月などに飾る小さなものまで、しめ縄は神前にかけ、不浄なものの侵入を禁じる印。神話の里として名高い宮崎県高千穂町では、神社や神楽殿などで右から7本、5本、3本のわらの茎をたらしたしめ縄をかけています。この数は、神楽を舞うときの唱歌の文言に由来するとか。神事に吉数は欠かせないものなのですね。
文/ライス佐藤
バックナンバー