Tasting Time
 
レストラン 今月の旬の味 レシピ集 シェフの味にTRY レストランガイド ホテル利用ガイド ホテルインフォメーション コラム
 
   
バックナンバー
ユトリロジー第二章 暮らし歳時記
9月 敬老 おじいちゃんとおばあちゃん、今年でいくつ?
 9月の第三月曜日は「敬老の日」です。もともとは9月15日でしたが、ハッピーマンデー制度の適用でこの日になりました。秋分の日が9月23日ごろですから、暦によっては3連休が2週続くなど、旅行に、レジャーに心弾む季節です。
 ところでその「敬老の日」、起こりは一地方自治体の敬老会と知っていましたか?

 1947年に兵庫県野間谷村の村長が、大先輩であるお年寄の知恵を借りて戦後の荒廃した雰囲気を改めた村作りをしようと考えました。そして9月15日を「としよりの日」として敬老会を開いたのが始まりといわれています。以後、全国へとその習慣が広がり、1966年に国民の祝日「敬老の日」となりました。各地で長寿を祝うイベントが行われ、百歳を超える長寿者を表彰する自治体もあります。

 さて、百歳のひとつ手前の99歳は、漢字の百から一をとって「白寿」、90歳は九十と縦に書くと卒の略字に見えるから「卒寿」、88歳は同様に八十八が米に見えるから「米寿」。ほかに「傘寿」、喜寿」、「古稀」、「還暦」などがあります。長寿のお祝いの始まりは還暦ですが、今は60歳でもまだまだ現役で仕事をこなす方も少なくありません。そこで2002年に日本百貨店協会が提唱したのが「緑寿(ろくじゅ)」。数えで66歳の祝いです。60歳で赤いちゃんちゃんこは気恥ずかしい方でも、66歳で緑色のベストなら抵抗なく来てもらえるかもしれませんね。このほか、半寿(または盤寿、81歳)、皇寿(または川寿、111歳)などもあります。記念となる年齢に関わらず、いつでも年長者を敬う心と姿勢は、持ち続けたいですね 。
文/ライス佐藤
バックナンバー